mirandastuart.com

仮面ライダーエグゼイド 小説 感想

作成した: 16.08.2021

引用をストックしました ストック一覧を見る 閉じる. 更生させようという試みは黎斗の脱獄によって失敗に終わった。 ゲーム病の治療についても、『ゲンムVSレーザー』のラストで黎斗は独力による治療法を完成させたのだ。 更生も治療も黎斗にはまるで意味をなさない。 要するに、 永夢と黎斗の決着はまだ付いてなかった のである。.

個人的には鏡飛彩の視点による永夢の存在が実に面白い。 飛彩は誰より医者と医療を客観視して職務をこなしている。 一見極端で冷たいと思える思考が、 マイティノベルXを通すことで血肉の通った現実的な思想 であることが理解できた。. でも本作は小説で、しかも執筆が伝説の 東映 プロデューサー 白倉伸一郎 氏。. タグ マイティノベルX 仮面ライダーエグゼイド 宝生永夢 ディルカ デート 檀黎斗 鏡飛彩. ガイムのメインライター 虚淵玄 氏が監修を担当しているため、ガイムの空気感が良く出ています。. またガンマ世界の成り立ちや、「 Vシネマ   仮面ライダー スペクター」につながる物語もしっかりと描かれれいます。. 何しろ彼と似た者同士だった黎斗がああなってしまったのが関係性を積み上げて行った末路の破綻だったのに対し、 空洞のような何もない人生だったから過去に縛られることもなかった のだから。正確には永夢自身、心と記憶に封をしていた状態だったが、それはそれで大人になっていく過程で割り切った選択ができるようになったことの表れでもある。.

患者の命だけでなく心も救うことを大事にする優しい人物である反面、患者を救う姿勢は頑で、医療に対しては時に狂信的ですらある。 何故、永夢はこういう人間性になったのか。 それが過去を起因とした事件として語られる。. 一方、「 変身忍者嵐 」という過去の 東映 作品とのリンクもされているなど 東映 特撮ファンとしてはニヤリとする要素もあります。. エグゼイドは基本的にライダーとしての活動が仕事として描かれ、パブリックなものだった。まぁ、だからこそそこに私情を持ち込み患者の命を危険に晒すキャ ラク ター達に不快感を覚えていた訳だが。.

ピンバック: 【仮面ライダーエグゼイド】檀黎斗はなぜエグゼイド世界の神になったのか. 感想 小説 仮面ライダー シリーズの中では異色作。. また非常に重要な点として、ラストのCRメンバーを誘っての食事シーン。これまで永夢が何かを口にしている描写というと、バガモン回にて"一人で" ハンバーガ ー 好物らしい を食べている時と、貧血予防の鉄分補給としてプルーンを食べている時、あとは職場のクリスマス会で一応ケーキを口にしていただろうか。その時も結局はウイルス変異の話をしていて、プライベートという様子では一切なかった。……こうして思い出してみると本当に数えるほどしかないな。この間アギトを見たから余計に思うことかもしれないけど。.

本当は文句もそれなりにあるんだけれど 設定は相変わらず意味不明、バトルの言ったもん勝ち感…… 、そんなネチネチ文句を言うような悪い気分ではないので、このまま終わることとする。気になる人はこちらをどうぞ。. 恋人関係を除き、作中一貫して患者に深煎りしないとブレなかった飛彩の在り方だからこそ、語られる持論にかなりの厚みがでている。 あまり自分のことを語らない飛彩の心情は、小説という媒体だからここまで書けたと言っていい。. 主役は詩島剛で、Vシネマ「 仮面ライダー マッハ」につながる物語です。. 小説 仮面ライダーアギト 講談社キャラクター文庫.

平成ライダー主人公の過去

講談社 キャ ラク ター文庫より刊行されている小説 仮面ライダー シリーズ。. これの共有を自発的に永夢が行ったというのは、かなり、かなり、かーなーり、すごい変化だ。意地でも 報連相 をせず、他人に心を開く素振りを見せなかったあの永夢が、だ。. オタネス TOP 仮面ライダーエグゼイド 『小説 仮面ライダーエグゼイド マイティノベルX』感想 宝生永夢の抱える闇を暴く最終作. そして操られた運命に抗い続ける彼の生き様は、やがてもう一人の彼とも言える檀黎斗との交わりを経て 究極のゲーム へと昇華されていく。この小説にはそれがハッキリと描き出されていた。.

com 86ma. W V V. com 86ma.

宝生永夢と檀黎斗の過去

本編の隙間を埋めるような内容の「W」、どうしてもできなかった卒業式を描いた「フォーゼ」、 Vシネマ から続く更なる未来の話「鎧武」、同じく Vシネマ 「スペクター」から続きその壮大かつハードな歴史が明かされた「ゴースト」など、どれも本編からこぼれてしまったものを拾い上げて昇華している。. これの共有を自発的に永夢が行ったというのは、かなり、かなり、かーなーり、すごい変化だ。意地でも 報連相 をせず、他人に心を開く素振りを見せなかったあの永夢が、だ。. com 続き 86ma. ここでは未来の話と見せかけてTV本編では語られなかった一番核となる部分。 バグスター誕生の理由と最初のゲーム病発症患者である宝生永夢がそこにどう関わっていたか が語られます。.

  • 感想  仮面ライダーアギト を再構成した作品.
  • 最大の特徴は何と言っても登場する新ガシャット「 マイティノベルX 」のジャンルであるノベルゲームを、登場人物だけでなく読者であるこちらも体験できるように書かれた構成そのものだ。.
  • その一連の物語こそがサブタイトルにもなっている マイティノベルX というノベルゲームなのだ。 『マイティノベルX』は、ノベルゲームでありながら小説形式ではない。.
  • com 肯定感想 86ma.

20 .

読書メーターについて

他にも現実をゲームに例えて捉える少年時代の永夢の生き方や、ゲームの中に生命の定義を見つけ出した黎斗のように、このテーマは一切ブレることなく、しかし巧妙に張り巡らされている。つくづく 高橋悠也 と檀黎斗の掌の上で踊らされていることを自覚した。. 本当は文句もそれなりにあるんだけれど 設定は相変わらず意味不明、バトルの言ったもん勝ち感…… 、そんなネチネチ文句を言うような悪い気分ではないので、このまま終わることとする。気になる人はこちらをどうぞ。. マイティノベルX 通常版. これはバースドライバーやカンドロイドたちが自我を持っていた!という衝撃(笑)の設定 で( 宮部みゆき 氏の「 長い長い殺人 」みたいな笑)、内容としては後藤ちゃんとバースドライバー(二代目、初代もしっかり登場笑)の心温まる?交流が描かれています。.

見出しの下にも:
レビューを書く

サイトの新着

連絡先: E-mail mail@mirandastuart.com